12
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
読んだ本の記録、感想、時々妄想
実は本なんか読まなくても全然平気で生きていけます
少女

「人が死ぬ瞬間を見てみたい」
そんな少女二人の夏休みを描いたミステリー。

 

諸般の事情でどうしても映画「少女」を観に行く必要があったので、その前にとりあえず原作本を読んでおくか、と手に取った本。
湊かなえ作品だからどう考えても後味悪い系だろうし、結末を知らない状態で、映画館という逃げ場のない空間でそんな作品を観る勇気がなくて…(笑)。
(でも、湊かなえ作品だからとかイヤミスだからとかそういう属性とは関係なく、設定のある一点が個人的トラウマをぐいぐい抉ってきて読むのにものすごく時間がかかってしまった…)

 

本当はお互いを大切に想いあっているのに誤解やすれ違いからぎくしゃくしていた二人が友情を確認しあうという展開で、あれ?意外にもさわやか青春友情ストーリだぞ?と思ったら、やっぱり結末はそうなるよね…。
神の視点で俯瞰している読者には、この要素もこの要素も後々繋がってくるのだろうなあと読みながら想像はできるので意外性は薄いのだけど、それでも改めてこうやって結末を示されると、とにかく「世間めちゃくちゃ狭いな…」という印象が強くて、それが少女二人の友情のほうでキーワードになっていた「世界は広い」に対するものすごい皮肉に感じる。裏サイトに書き込みして星羅の自殺のきっかけを作った敦子や、三条に恐喝まがいのことをして紫織の自殺のきっかけを作った由紀にも、(意図してきっかけを作ったわけではないとはいえ)いずれ因果応報の報いがあるのかもしれないなと暗示されていて、閉塞感が強いまま物語は終わる。

 

これが映画だと少し印象が違って、敦子が裏サイトに書き込みする描写も由紀が三条を恐喝する描写もなく(確かなかったと思う)、つまり由紀と敦子は星羅や紫織の自殺への関与が薄く、自転車二人乗りした由紀と敦子が、紫織が一斉送信した遺書にも気づかないまま笑顔で海辺の道を走っていく、というシーンで終わったので、二人がけが閉塞した世間を抜け出して広い世界へ駆け出したような印象を受けた。
映画は由紀役の本田翼ちゃんの目つきが非常に良かったと思います。あと真剣佑くんの頭おかしいイケメンぶり。

 

本:その他 | - | tsukigasem
栗色のスカーフ

多忙を極める爽香。
揺れ動く夫・明男の心――

(文庫帯より)

読む気が失せるっつーのこの帯!!!
揺らいでいないときの明男は本当に頼りになるんだけど、なにぶん揺らぎやすいのが難点。
中川さんのブレなさを見習ってほしいものである。

栄子と一線を越えそうになったものの何とか踏みとどまった…ならまだよかったけど、自分の意志ではなく偶然の結果回避しただけ。
明男はこれで栄子と切れたつもりだけど、むしろ栄子のほうは余計火がついてしまっていて、あ〜〜〜もうほんと明男〜〜〜。


そういえば最近話題になっていたこのツイート、完全に明男じゃね?明男も「もう二度と行かないぞ」とか言ってるもんな。

 

明男には本当にほとほと愛想が尽きそうだけど、爽香さんの危機を的確に栗崎さんに相談するあたり「くっ…今さらそんなことでほだされないんだからね…!」みたいなところは正直ある…。
だからモテるのか明男…なるほどな…。

 

以下、来年用に備忘録。
・何作か前の事件で関わった有本哲也・縁夫妻がちょくちょく登場するの良いなあ〜。有本哲也がメンタル病み気味な人だっただけに、今はM地所の秘書課で立派に働いてるのを見ると温かい気持ちになる。
・爽香さん、M地所の社長一家に気に入られ、社長・社長夫人・社長娘から引き抜きの誘いを受けたり個人的な相談をされたりする。
・田端が占い師のところに通っている件は、これで片付いたのかな?ていうか占い師は栗崎さんを恨んでいて、占い師が田端に爽香さんに悪評価を吹き込んでいたのはただのとばっちりみたいなものってこと?
・占い師の騒動で消息屋の松下さん刺される((((;゚Д゚)))))))(でも無事)
・姪っ子の瞳ちゃんが百合属性であることが明らかに。

 

「つまり……これだけ他人のために尽くしてるんですから、きっと、今度生まれ変わったらいいことありますよ!」
「そこまで待つの?せめてこの世にいる間にお願いしたいわね」

あやめちゃんwwwほんと好きだわこの子www

本:その他 | - | tsukigasem
うちの執事が言うことには 8

花穎、とうとう美術学校へ入学の巻。

※以下なんとなくネタバレ有り※

「三人の当主と狼と」
罪を犯してでも忠義を尽くして…ってだからメイドも社員も極端すぎるんですよ!!!やることが!!!
この世界の上流階級にはこんな人しかいないのか…2冊立て続けに読んだおかげでなんかもう頭抱えたくなった(笑)。

「人魚男」
前巻で花穎とお友達になりそうな雰囲気を醸していた石漱くん再登場。

今回は強盗、立て籠もりとガチな犯罪だったけど、座長、SOSのヒント分かりにくいです…。

「身代わりの仔猫」
頼長くんかわいいし頼長くんの前だと立派な当主の花穎がほほえましい。

「不要の笠と狐の墓守り」
年老いて、自分の代わりはいくらでもいる、いなくてもだれも困らないと感じていた男に、そして衣更月に、何でもないことのように「いなくても良いのに一緒にいるのは、大切だからではないですか?」という言葉をぽんと差し出せるのは花穎の美徳のひとつであろうなあ。

本:その他 | - | tsukigasem
うちの執事が言うことには 7

春先のエピソードが中心。
今回赤目の出番がなかったのでちょっと物足りなかったけど、花穎の話に出てくる赤目が平常運転すぎて笑った。

「ラベンダーだ、間違いない。赤目さんが勉強の差し入れにと僕に食べさせた後で、安眠効果があると言い出して、眠くないか?眠くならないか?って」
思い出してもひどい話だ。

 

※以下なんとなくネタバレ有り※
「小人の住む館」
屋敷の使用人が瓜二つの別人に入れ替わっている、という花穎の発想は極端すぎるとしても、主人に中途半端に異変を気取らせてしまった衣更月にも多少非があるのでは…と花穎にちょっと同情した(笑)。

 

「開かずの赤ずきん」
衣更月のバトラー養成学校時代の同期、ヴァズ登場。
同期がウマの合わない新当主の下で無休で働かされているという話を聞いたので、当主がどんな人間か見極めたい。←まあ分かる
紹介状を捏造して家に入り込んで確かめよう!←ぜんぜん分からん
…前にもこの感想書いたんだけどこのシリーズ、動機となる感情はそれなりに理解できるんだけどそこからの行動が極端すぎる人、というのが本当に多い…。

 

「幸福な王子と不動の執事」
大学入学前のオリエンテーションで花穎が浮いてしまっているのが読んでいていたたまれない…今までは上流階級同士の交流の中で起きたエピソードばかりだったから、まわりが一般人(庶民)ばかりというこの手のシチュエーションはあまりなかったもんなあ…。最後はお友達候補ができて良かった!衣更月が誕生からの経歴を調べ上げるらしいが(笑)。
しかしこの事件も、"ルールを守らない奴が許せない!→私刑だ!!!"っていうまた極端なパターンだった…。
沢鷹橘の執着のなさが、赤目の抱えていた憎悪よりずっと闇が深そうでふるえる。

帯に「新章突入」とあるけど、ひょっとして橘に焦点が当たるのかな?

 

『間違えたら正す。正しい時は?』
『正しい行いをされているのであれば、私から申し上げる事はございません』
衣更月の脳裏に沢鷹との会話が蘇る。
全てに於いて正しく在ることは出来ないが、全てが間違いにもなり得ない。
衣更月は花穎を諌める言葉を舌の上で入れ替えた。
「花穎様は正しい事をなさいました」

本:その他 | - | tsukigasem
丸太町ルヴォワール

古より京都で密かに行われてきた私的裁判、双龍会。
祖父殺しの嫌疑をかけられた城坂論語は、事件の当日屋敷にはルージュと名乗る女がいたと主張するが…。

 

読みながら「知ってる…この感じ知ってる…なんだっけ…」とずっと思っていたんだけど、終盤やっと思い当った。逆転裁判だ!
とにかくどんでん返しの多い展開で、そのどんでん返しも、読者に対して仕掛けられた叙述トリック的なものと、登場人物が相手に対して仕掛けるハッタリの二種類があるんだけど、後者のハッタリの強引さというか「いやいやそんな無茶な!(笑)」っていう感じが、まさに逆転裁判…。達也の試合運びは危なげないけど、流の綱渡りな感じは、まさになるほどくん…。
というわけで、裁判が舞台になっているとはいうものの、お堅い法廷ミステリというよりは法廷を舞台にした一種の遊戯とか興行試合といったイメージ。
双龍会はなんでもありの裁判、イカサマでも尻尾さえつかまれなければOK、というルールになっているので無茶でも何でも論理的に相手をやり込めてしまえば勝ちなのである。

 

論語、落花、達也と現実離れした超人が多い中、初見ではいかにもトリックスターといった雰囲気だった流が、実は自分が凡人だと自覚していて彼らに劣等感を抱いているっていうのが、凡人の悲哀を感じさせつつむしろ好感を覚えた。

 

 

ところで逆転裁判とかなんとか言ってたらノベライズ担当されることが決定しててまじか。(9/17現在)

 

 

本:その他 | - | tsukigasem
うちの執事が言うことには 5

「御主人様を失う事は、執事にとって死も同然でございます。これを裏切りと呼ばずして何と呼びましょうか」


表紙が、めちゃくちゃ、かわいい…。

1巻から3巻までは花穎が新米当主として奮闘するお話で、4巻は衣更月の内心にスポットが当たっていたので、ここからは衣更月が執事としてのあり方に葛藤するお話になるのかな?と思いきやスポットはまたまた花穎に戻ってきましたね。
しかも花穎の進路が意外な方向に…。これまではあくまで上流社会のつきあいの中での出来事が描かれてきたけど、次巻どうなるんだろう。まさか『ハチミツとクローバー』が始まってしまうのか。
一方、衣更月はすっかり完璧な執事に戻っていた(笑)。

※以下なんとなくネタバレ有り※
「嘘吐きの名前と魔法の鍵」
危険なことに首を突っ込まないようにと言いながら、退屈しのぎのためにこういうことをしてしまうあたり、御主人様を甘やかしすぎじゃないのか衣更月は…。

「綺羅星の集まる所」
これは痛い!これはかなり痛い黒歴史!数年後に思い出しては「ああああああああ」って頭抱えるやつ…!

「裁きの門と少女の仔猫」
隠蔽の仕方がアクロバティック!
「綺羅星の集まる所」の犯人もそうだけど、自分がミスをしたときこういう行動に出るタイプの人は、今後も繰り返しそうな気がするんだけどなあ…窮地に陥ったときのとっさの行動にこそ素が出てしまうというか…。良い上司に恵まれたようなので、性根を更生できるといいね…。
壱葉は本当にかわいらしいお嬢さんだと思うけど、登場時の誘拐事件さえなければなあ…あれにはかなり引いてしまったので、その印象をどうしても拭えない…。このシリーズ、全体的に行動が突拍子もない人が多いよね…。

「七人の小人と秘密の執事」
鳳さん有能通り越してもはやこえーよ((((;゚Д゚)))))))
花穎のピンチに最高のタイミングでかけつける衣更月は(物語の盛り上がり的にも)素晴らしい仕事ぶりだが、その上を軽々といく鳳さん…恐ろしい人…。
あと花穎に鼻歌を指摘されたり鳳さんに感謝されたりして照れ隠しする赤目さんがかわいいと思いました。(小並感)

ところで衣更月のこのとても丁寧な回りくどい厭味が最高に好きです。

「御当主としては御年齢、経験、能力、御自覚、あらゆる観点から客観的に申し上げて、花穎様は歴代の御当主様方に並び立つには程遠いと言わざるを得ない現状に於かれましても、御自身が御当主であると言い張られるところが、御当主として花穎様の唯一の長所でいらっしゃいましたのに、それすらも放棄なさっては一体何が残るのかと、斯様に思いました」

本:その他 | - | tsukigasem
うちの執事が言うことには4
またしても感想を書き溜めてしまった…
やっぱり読んですぐに書かないとだめですね…(7/12投稿)
本:その他 | - | tsukigasem
マルドゥック・ヴェロシティ3
またしても感想を書き溜めてしまった…
やっぱり読んですぐに書かないとだめですね…
めちゃくちゃ面白かったとだけ書いておきます…(7/12投稿)
本:その他 | - | tsukigasem
マルドゥック・ヴェロシティ2
またしても感想を書き溜めてしまった…
やっぱり読んですぐに書かないとだめですね…(7/12投稿)
本:その他 | - | tsukigasem
マルドゥック・ヴェロシティ1
またしても感想を書き溜めてしまった…
やっぱり読んですぐに書かないとだめですね…(7/12投稿)
本:その他 | - | tsukigasem
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
  1/13PAGES  >>
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
RECOMMEND!!!

LINKS
PROFILE
OTHER